ノーローン 増額

ノーローン増額と総量規制の関係について

ノーローンは、消費者金融のキャッシングサービスになりますので、いわいる総量規制が影響しています。

 

総量規制は、過剰な貸付とならないようにするための仕組みの1つで、原則として、消費者金融が融資できるのが「年収の3分の1まで」と決まっていることをいいます。

 

つまり、現在の年収が300万円の方の場合は、ノーローンの増額が認められた場合でも、100万円を超える融資が受けられないことになります。

 

 

年収の3分の1を超える融資が必要なときは、総量規制対象外の「銀行」のサービスへの申込みが必要になるわけです。

 

たとえば、ノーローンの増額審査ではなく、新生銀行レイクへの申込みなら、年収の3分の1超の融資も可能ですし、収入証明なしで申し込めます。

 

 

銀行の場合は、いくらまで融資するか、あるいは、収入証明をいくらから提出させるかは、銀行ごとの基準で決められています。

 

新生銀行レイクの場合は、収入証明の提出要件が「100万円超の希望額のとき」となっていますので、100万円までの増額ならノーローンよりも簡単に手続きが済むわけです。

 

 

また、ノーローンの増額審査は、現在の限度額を保証するものではありませんので、限度額が減らされる心配があります。

 

他社の借入が増えていたり、なにかの返済に延滞があった場合、高い確率で現在よりも限度額が減ります。

 

このようなリスクを避けるためにも、ノーローンへの増額希望ではなく、別会社のローンに申込んだ方が良いのではないでしょうか。

更新履歴